どーも、富山のスケボーショップHi5の稲垣です。

平昌オリンピックのスノーボードハーフパイプの金メダリスト ショーン・ホワイト選手と銀メダリスト 平野歩夢選手が、そろって「2020年の東京オリンピックでは、スケートボードで出場したい」と言って話題になりましたねー。

これから東京オリンピックに向けて、少しずつスケボーが盛り上がっていって、オリンピック後に本当のブレイクが訪れると予想しているんですが、僕は、競技としてのスケボーには、あんまり、というか、ほとんど興味ないです。

仲間が集ってワイワイやる草コンテストみたいなのはすごく楽しいと思うし、お店としても開催してみたいと思うけど、競技とか演技とかそういうのは、別にいいっすわぁ。という感じです。

それよりも、空き地とか公園とか川の土手とかで、コツコツとノーリーKグラインドなんかを練習したり、スラッピーフィーブルの途中抜けみたいなのにこだわっているスケーターにコーヒーとかおごってあげたいっす。

東京オリンピックが終わった後の2020年以降は、「〇〇選手のようなメダルを取れるスケーターになりたい!」って感じの目標を持ったスケーターやキッズが現れたり、お金や名誉に目がくらんで、子供よりも真剣になってしまうようなちょっとアレな親御さんも現れてくると思うんですけど、競技でスケートボードをやっても、本当の楽しさは感じられないと思います。

人間って、報酬が変わると、好きだったものが楽しくなくなる変わった習性があります。

好きなことを仕事にしたはずなのに、全然楽しくなくなってしまうっていうのは、よく聞く話ですよね。

ただただ楽しくてやっていたことに、お金や地位や名誉っていう報酬が与えられると、それらが与えられなくなったとたん、楽しさを感じられなくなってしまう

好きなことって、やっぱり無条件で好きなことが大切だと思うんですよ。無条件で好きなことに出会うのは、とても大変だし、運の要素も大きいと思うんですけど、大人が勝手に子供の好きなことに報酬とかで条件付けしてしまうのはダサいなぁと思っております。

だから、もしも、あなたのお子さんがスケボーを始めたとしたら、放って置いて好きなように楽しませてあげてください。もっと練習しろとか、あのトリックをやれとか、ましてや怖い指導者のところには連れていかないでください。

これは、スケボーに限った話じゃないけど、何かをやめてしまったとしても、嫌いにならなければ、またいつか才能や可能性が芽を出すこともあるじゃないですか。

子供の時は、上手くやるよりも楽しむことや好きでいられる環境を作ってあげたり、考えてあげるのが親ができることなのではないかと思います。

そんで、オーリーとかランプとか、そういう危なくて怖いの関係なく、スケボーの楽しさを味わえるクルーザーデッキが組み上がっております。

KROOKED(クルキッド)っていうブランドのもので、天才マーク・ゴンザレスのアートワークがカワイイとキッズや女性からも人気です。

ウィールが柔らかいタイプなので、静かでスムーズな乗り心地が楽しめます。

オーリーできない、オーリーできないってなげいているより、こういうクルーザーでフラフラ滑ってるほうが、1000倍スケボーが楽しいっす。

お時間ありましたら、お店に見に来てくださいね(^^)